石川県能登町柳田で毎年9月16・17日に開催される「柳田大祭」。

台風が近づいていたため、天気が心配でしたが、なんとかもってくれました。今年は小木袖キリコ祭りと日程が重なってしまっていたため、小木へ行ってから柳田へ向かいました。

かつては20基以上キリコが担ぎ出されていたと地元の方に聞きましたが、今年は3基。お旅所へ担ぎ出されたのは、そのうち2基でした。未だに「大祭」と呼ばれるお祭りは、人口減少によってかなり規模が縮小されているようです。それでも昔ながらのろうそくの火を使うキリコは、今では貴重で、里山の原風景を行くキリコはとても勇ましく感じました。

松明の火の粉を長時間露光で撮影すると非常に幻想的。個人的には、飾りとしてだけで良いので、もっとキリコが並んでいると良いのにと思っています。結果、写真映えする・インスタ映えするような情景をつくることができれば、今後より多くの方が写真撮りに来ると思います。